スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝来堂のうぐいす餅

先日、久しぶりにお気に入りの和菓子屋さんに行ってきました。


その名も宝来堂
※店名をクリックするとホームページを見られます。


明治元年創業の老舗で、
靖国神社のすぐ近くにあります。


ここの「うぐいす餅」が絶品なんです!


宝来堂のおすすめ、うぐいす餅


北海道の上富良野で取れた
青えんどう豆で作ったうぐいす餡がたっぷり入っているとのこと。


元々はとても古い店構えだったのですが、
数年前にビルに建て替えられて、
2階でお茶とお菓子をいただけるようになりました。


その喫茶に寄ったあと、
帰りにうぐいす餅を買って帰ろうと思ったら…、


すでに完売していました!!! 


……残念。


次回は最初にお土産を買ってから、
お茶をいただくことにします。




***本日のきよこちゃん***


前回の記事の続きです。


ミルクパンをプレゼントした次の日、
僕が家に帰ってくると


ミルクパンを布に包んでビニール袋に入れる


ミルクパンは布に包まれ
ビニール袋に入れられて納戸にしまわれていました。



きよこちゃんに「使わないの?」と尋ねると





ミルクパンを使わないきよこちゃん





……。



ひとり分を作れるように買ったのですが、
やっぱり昭和15年生まれは言うことが違います。
スポンサーサイト

焼肉レストランばんと従姉妹と自転車と

相模大野の僕の教室のすぐ近くにある

お肉が美味しいお店、焼肉レストランばんで、

従姉妹のあきちゃんが働いているというので行ってきました。


従姉妹のあきちゃん


3人の男の子をもつあきちゃんは、
最近このお店で働き始めました。

そのことをうちのターさん(父親)から聞いていたので、
それじゃあ久しぶりに会いたいなと思って伺いました。


ちなみにあきちゃんの次男で高校生の“ひこ”は、
昨年の文化祭の女装コンテストで 準優勝
しかし、喋ると魅惑のバリトン・ボイス(笑)


女装大会で優勝したひこ

写真を見せてもらったら、
ホントに可愛い女の子にしか見えなかったです。


女装したまま校内を歩いていたら、
すれ違った見ず知らずの高校生に

「今の子、超可愛かった!!! マジ、タイプ!!!」

と言われたそうです。


さて、焼肉レストランばんのメニューを拝見。


焼肉レストランばんのメニュー


オススメは「BANバーグ」か「男盛り カツカレー」

と、あきちゃんに教えてもらったので、
BANバーグを注文しました。


BANバーグ-880円
BANバーグ

ご飯とサラダとスープとソフトドリンク付き
ハンバーグに添えられているのは、
クレソン、ジャガイモ、スパゲッティとマッシュルーム入りデミグラスソース


「黒毛和牛牝ならではの極上の美味しさを!」


という宣伝文句の通り、
肉はジューシーでとても美味しかったです。
ボリューム満点ですからお値段を考えたらお安いのでは?と思います。


帰り際、あきちゃんに我が教室の場所を伝えました。

僕は自宅から教室まで自転車で通っているのですが、
その自転車はあきちゃんのお母さん(つまり僕の伯母)からもらったものなのです。


この自転車があるところに、

お古の自転車


五十嵐正一ありということです(笑)


伯母の代から数えてかれこれ20年近く乗っているこの自転車。


まだまだ頑張ってほしいと思います。



***業務連絡***

本日のきよこちゃん

30年もののセーターを着るきよこちゃん

きよこちゃんが着ている○食いセーターは30年前に買ったもの
「モノがいいからすぐ○が食っちゃうの」



クリックお願いします。
 ↓
人気ブログランキングへ


シュガーバターの木

先日の声楽発表会の朝、


師匠である小泉惠子先生が会場入りして、


差し入れしてくださる小泉惠子先生


と、差し入れを下さいました。


それがこちら。


銀のぶどうの「シュガーバターサンド」
シュガーバターサンド


しおりによると、

かろやかな食感とともに、
こがし砂糖とこがしバターが
お口でとける

はじめてのTHEシリアルスイーツ
「シュガーバターの木」


バターリッチなさっくりした生地に
ミルキーチョコが挟まれています。

僕もこのお菓子は知っていました。
サクサクして美味しいですよね。


ピアニストの岩撫智子さんも

ピアニストの岩撫智子さん

「私もよく差し入れで買うよ~。
美味しいし、何より軽くて持ち運びに便利なの」


とのこと。なるほど。



さて、発表会が終わってロビーに行くと、
ますみ伯母さんと従姉妹のかよちゃんが待っていてくれました。


ますみ伯母ちゃんと従姉妹のかよちゃん


そして、差し入れを2つもいただいてしまいました。


ひとつは鶴屋吉信の
「福ハ内」
鶴屋吉信の福ハ内


鶴屋吉信四代目当主が、
商家の娘が節分の豆まきをしているほほえましい光景を、
お菓子に表現したといいます「福ハ内」。
「お多福」によく似ていることから福を呼び込むとされ
祝い膳やおせち料理に欠かせない「お多福豆」の形にもなぞらえて、
招福の願いをこめた縁起のよいお菓子でございます。
明るい黄色の桃山(白あんと玉子の黄身を炊いたもの)に
品のよい甘さの白あんを包んで焼きあげました。


※鶴屋吉信HPより引用しました。



↓断面です。
福ハ内の断面


いや~、たまらない美味しさ。

※味が伝わらないですね…。すみません。
 食べてみてのお楽しみです!


そして、頂きもの二つ目がこちら。


銀のぶどう「シュガーバターの木3点種類詰め合わせ」シュガーバターの木3点種類詰め合わせパッケージ


おっ!


ちなみに中はこの3種類

シュガーバターの木3点種類詰め合わせ
「シュガーバターの木」
「シュガーショコラの木」
「シュガーサンドの木」


「シュガーバターの木」は「シュガーサンド」の生地の部分だけのもので、

「シュガーショコラ」はシュガーサンドの周りが、

ホワイトチョコレートでコーティングされています。


それぞれとっても美味しいです。




さて、その発表会の次の日。


カルチャーのボイストレーニング講座の生徒のcherryさんに、

僕がお貸ししていたCDのお礼ということで頂きものをしました。


生徒のcherryさん
↑cherryさん



それがこちら。



銀のぶどう「シュガーショコラの木」
シュガーショコラの木


!!!!!



銀のぶどうのシュガーバターシリーズ、


とっても流行っています!!!



***業務連絡***

本日のきよこちゃん

娘にシュガーバターサンドを送りたいきよこちゃん
頂きものの「シュガーバターシリーズ」だけど、
オーストラリア在住の娘にどうしても送りたいきよこちゃん



クリックお願いします。
 ↓
人気ブログランキングへ


和菓子の美味しいお店「光輪」

和菓子の美味しいお店が小田急相模原駅の近くにあります。


その名も


「光輪」
神奈川県相模原市南台5丁目12-23
042-744-1748
営業時間:8:30~19:00
水曜定休



僕が小さい頃から通い続けている和菓子屋さんです。


新年にぴったりの一品。
「瑞雲」
光輪の瑞雲

「瑞」とはおめでたいという意味です。
年始のご挨拶でも使われますね。

おめでたい雲が渦を巻いています。
吉祥の雲を表しているそうです。

ふっくらと炊かれた大納言小豆がたまりません!



「いちご大福」
光輪のいちご大福

袋ごと写真にしてしまいました。すみません!

しかし、中に入っているいちごの甘いこと!

いちごだけそのまま食べても十分美味しいです。



ちょっと洋風な味の
「おもいで」
光輪のおもいで


栗餡をミルク風味の生地で包み焼き上げたお菓子です。


↓栗が見えますね。
光輪のおもいで断面



新春のオススメ
「うぐいす餅」
光輪のうぐいす餅

求肥のような柔らかいお餅にくるまれたこしあんの中に、

ふっくらとした小豆がちりばめられています。

光輪のうぐいす餅の中身



初夏のおすすめ
「抹茶小豆クリーム大福」
抹茶小豆クリーム大福

↓中身はこんな感じ
抹茶小豆クリーム大福の断面

※あれ? 抹茶クリームが黄色になってる…。
※しかも、抹茶クリームと小豆が逆でした…。



どれもこれも


本当に絶品です!


そのほかにも田舎団子、みたらし団子、黒豆餅など、
本当に美味しい和菓子屋さんです。


せっかくですから、
買うたびにこのページでご紹介します。
皆さん、ブックマークしてください(笑)



地方発送も受付けているようです。
ぜひ一度、ご賞味ください。



***業務連絡***

本日のきよこちゃん

心で切るきよこちゃん
枯れた植木を切るきよこちゃん
「植木を切る時は心の目が見えていないとダメ」



クリックお願いします。
 ↓
人気ブログランキングへ



叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)の「あも」

お正月2日目ということで、

年末に町田・小田急百貨店で買っておいた、

叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)の「あも」をいただきました。

叶匠壽庵のあも 
※左の箱は「あも」が入っているパッケージ。

昔 宮仕えの上級女官を
  女房といって
彼女たちの 女らしさを
  あらわした言葉を
女房言葉といった

現代でも 女言葉として
  広く使われている
 寿司が おすもじ
 香物が おくうのもの
 豆腐が おかべ
 饅頭が おまん
そして
 餅が  あも

それは 厳しい生活を
  優しく やわらかく
美しく 情緒的に
 表現し 感じ取ろうとした
女の願いと知恵が
  うかがわれます

匠壽庵は この あも を
農家の人々の願いと
菓匠の願いをこめて
 丹念に炊き上げました

※同封されていた“しおり”より引用しました。


叶匠壽庵のあも


寒天でかためられたつぶしあんの中に、

白く柔らかい求肥(ぎゅうひ)が入っています。

小学生のころから食べ続けている僕の好物のひとつです。


お正月にいただく美味しい和菓子は、

まさに福を呼んでくれそうな気がいたします。



***業務連絡***

本日のきよこちゃん

「あも食べる?」と聞いたら

「これ以上太れないし、さっき栗きんとんを食べたから」

と言うきよこちゃん。


でも、もちろん「あも」は食べて、そのほかに、


あも+αを食べるきよこちゃん


煮物、あべかわ餅、おせんべい、みかん、バナナ、お茶

もいただきました。




クリックお願いします。
 ↓
人気ブログランキングへ
プロフィール

五十嵐正一

Author:五十嵐正一
初めまして!
神奈川県相模原市在住の声楽家の五十嵐正一です。小田急線相模大野駅から徒歩1分の音楽工房 うたの木で、声楽のレッスン、合唱・コーラスも行っています。
※歌のお仕事も承ります。お気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。