スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会、無事に終わりました!

昨日、無事に発表会を終えることができました。

発表会の会場

ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました!

出演者の中には小さなお子さんの御家族を持つ方も多いため、
会場には子供たちがたくさん来てくれました。
出演者たちへの温かいまなざしが感じられる、
アットホームな素敵なコンサートになったと思います。

というわけで、

この場をお借りして昨日の感想を一言ずつ(笑)

本日の記事は長いです。
以下、出演者のお名前はイニシャルにて失礼します。


◆N.U.さんとM.S.さん
「メリー・ヴィドウ・ワルツ」
⇒前回に引き続き今回もトップバッターを務めていただきました。
 華やかなワルツの流麗な曲に練習では四苦八苦されていましたが、
 本番では素敵なデュエットに仕上がっていました!
 
◆R.K.さん
「風になる」 ~映画『猫の恩返し』主題歌~
⇒初参加。細くキレイな歌声で、見事にジブリの世界を表現されていました。
 やっぱり素直が一番!と思わせてくれる演奏でしたよ。
 舞台姿もとても可憐でした。

◆S.M.さん
「What I did for love」 ~ミュージカル『コーラス・ライン』より~
「Think of me」 ~ミュージカル『オペラ座の怪人』より~

⇒大好きなミュージカルより名曲を2曲!
 本当にミュージカルが大好きなのだなあってことが伝わってきます。
 このままミュージカル一直線で、どこまでも突き進んでください!

◆H.K.さん
「私だけに」 ~ミュージカル『エリザベート』より~
「Vergin tutto amor」

⇒初参加。ミュージカルとイタリア古典歌曲に挑戦!
 声にボリュームがあって、よく練習されたのだなあと感じました。
 とても初参加とは思えない、立派な歌でした!

◆A.O.さん
「海と涙と私と」作曲:木下牧子
「ヴォカリーズ」作曲:S.ラフマニノフ

⇒前回はものすごく緊張して震えてしまったそうですが、
 今回は前回よりも落ち着いて歌えていましたね~♪
 研究熱心なA.O.さん。また次回に向けて色々取り組んでいきましょう!

◆M.K.さん
「翼をください」
「Amazing Grace」

⇒M.K.さんの歌声は、聴く人の心の琴線に触れると思います。
 何とも言えない味があります。歌にも人生にもまっすぐなのでしょう。
 今回もとても感動いたしました!

◆Y.K.さん
「O mio babbino caro」 ~オペラ『ジャンニ・スキッキ』より~
⇒持っている楽器(身体)がプロの歌手のようです(笑)
 堂々とした舞台姿と豊かな声で、有名なオペラ・アリアを披露してくださいました。
 ドレスも素敵でした♪

◆K.O.さん
「Non ti scordar di me ~勿忘草~」
⇒初参加。K.O.さんもソロ初舞台とは思えない堂々とした舞台姿。
 まるで先生のようでした(笑)。柔らかい歌声が会場に響き渡り、
 イタリアの名曲の魅力を客席に届けてくださいました。

◆W.M.さん
「Almen se non poss'io」~『6つのアリエッタ』より~
「Ave Maria」作曲:P.マスカーニ

⇒得意の高音でイタリア歌曲2曲を披露してくださいました。
 朴訥とした雰囲気からは微塵も感じさせないオペラへの情熱(!)。
 人は見かけだけでは分からないということを、僕が学ばせていただきました(笑)

◆Y.O.さん
「Susanna non vien~ Dove sono」~オペラ『フィガロの結婚』より~
⇒初参加。オペラ歌手でさえ嫌がるような、難しい伯爵夫人のアリアを歌い切りました!
 このあとに講師である土屋先生と僕で、この伯爵夫人に仕えるスザンナとフィガロの
 二重唱を歌わせていただきました。つまり、我々はY.O.さんのしもべでございました(笑)

◆Y.S.さん
「恋人たちのクリスマス」マライア・キャリー
⇒今回も可愛らしい衣装で、一足早いクリスマスの定番曲を歌ってくれました。
 ピアニストにもサンタさんの帽子を被ってもらって、雰囲気づくりもバッチリです。
 よく伸びる歌声に、客席からも大きな拍手をもらっていましたね。

◆M.M.さん
「オンブラマイフ~樹木の木陰で~」
⇒前回の歌謡曲から路線を変更して、ヘンデルの超名曲を素直な歌声で演奏してくださいました。
 綺麗な曲ではありますが本当に難しいのです。緊張されたでしょうが立派でした。
 また次のステップに向けて、ひとつひとつ積み上げていってください!

◆園-JOY
「Yesterday once more」
「Amazing Grace」
「てぃんさぐぬ花」
「三村ぬ姉小達」~『島こども歌』より~
「サンタが街にやってくる」
「All things bright and beautiful」

⇒すぎのこ幼稚園のママさんコーラス。客演指揮に木場義則先生をお迎えして、
 様々なジャンルの曲を歌ってくれました。発足当時からの彼女たちを知る僕にとって、
 昨日の舞台は感慨深いものがありました。多彩なメンバーが集結して奏でる音楽。
 今回の舞台で得たものは大きかったことと思います。ひと回り成長されましたね!

◆Bel Fiore
「Top of the world」
「やさしさに包まれたなら」
「時の歌」
「For the beauty of the earth」~地上の美のために~
「Ave verum corpus」
「X’mas songメドレー」
「You raise me up」

⇒カルチャー古淵校の生徒さん4人によるアンサンブル。少数精鋭です!
 衣装をどうするか、振り付けをどうするかなど、
 色々なことを相談している姿はまるで女子高生のようです(笑)
 ソロと重唱も含め、今回も心の琴線に触れる歌をたくさん歌ってくれました。
 
◆Pink Choir
「ムーンリヴァー」
「さびしいかしの木」
「さくら」
「荒野の果てに」
「おおホーリーナイト」

⇒カルチャー三ツ境校のコーラス・グループ。前々回の出演時よりメンバーが増えて、
 豊かな響きのグループに成長しました。他のどの団体よりも大人の雰囲気です。
 土屋先生の指揮なしで臨んだステージもありましたが、皆さん、見事に息が合っていましたね!
 特に「荒野の果てに」がとっても素敵でした♪


そして昨日は最後に出演者全員で、
アンジェラ・アキさんの「手紙 ~拝啓、十五の君へ~」を演奏しました。
アンジェラ・アキ

この歌はNHK合唱コンクール・中学生の部の課題曲だったこともあり、
とても強いメッセージがダイレクトに伝わってきます。
大人の私たちが歌っても込みあげてくるものがあります。
実際、号泣しながら歌っている出演者もいましたし、
涙を流していらっしゃるお客様もいらっしゃいました。

音楽の魅力というのは理屈ではないですね。

発表会というひとつの目標に向かって、
練習をひとつひとつ積み重ねていく生徒さんたち。

彼らが舞台で歌い、
聞いてくださるお客様がいらして、
そこで目に見えない何かが共有される。
音楽をやっていて良かったと思える瞬間でした。

これからも素敵な音楽があふれるよう、
ささやかでも地道に歌っていけたらと、
決意を新たにした一日となりました。

長い記事になってしまいましたが、
最後までお読みくださいましてありがとうございました。

出演者の皆さん、本当にお疲れさまでした!


おまけ
本日のランチは「きのこのリゾット」を作ってみました。
メチャクチャ美味しい!
きのこのリゾット


昨日のコンサートに、高校時代の同級生のしんちゃんが来てくれました。
お菓子の詰め合わせをいただきました。
ありがとう、しんちゃん!
しんちゃんからのお菓子


従姉のかよちゃんも来てくれました!
振るとスノーマンの周りに雪が舞います♪
かわいいプレゼントをありがとうございました!
かよちゃんからのスノーマン



ますみ伯母さんからは、スタバのお菓子入りクリスマスツリー!
ありがとうございました!
ますみおばちゃんからのスタバ・クリスマスツリー



***業務連絡***

本日のきよこちゃん
きよこちゃん、ターさんの料理に怒る


「たらの煮つけ作るのに、鍋半分に水を入れて醤油ザブザブよ!」
ターさん(夫)の料理におかんむり。



クリックお願いします。
 ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

五十嵐正一

Author:五十嵐正一
初めまして!
神奈川県相模原市在住の声楽家の五十嵐正一です。小田急線相模大野駅から徒歩1分の音楽工房 うたの木で、声楽のレッスン、合唱・コーラスも行っています。
※歌のお仕事も承ります。お気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。