スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア滞在記1

フィレンツェにて。


日本との時差は8時間。
こちらは朝の10時30分なので日本は18時30分である。


イタリア語レッスンのソニア先生と、
歌仲間のあべたえと3人でフィレンツェに滞在している。



今朝もホテルの朝食でブリオッシュやプロシュート(生ハム)、
タルトやカプチーノなど色々いただき、
フィレンツェの景色も写真に撮ったので
ぜひブログに掲載しようと思ったが、
デジタルカメラとPCをつなぐケーブルを忘れた。


……。



すみません。



昨日はフィレンツェ市内をあちこち歩き回り、
ソニアおすすめのトラットリア「Bordino(ボルディーノ)」で、
Pranzo(お昼ご飯)をした。
ここは旅行者があまり来ない、
食堂みたいなトラットリアだそう。
7ユーロ(700円くらい)で、
トマトのパスタと鶏のボイルと野菜の付け合せをいただいた。
他にもいろいろ選ぶことができる。
素材の味が生きていてボリュームがあって、
本場で食べるイタリア料理はとても美味しい。


午後も市内をウロウロして、
1938年創業のすべて手作りのジェラート屋、
「Perche no?(ペルケ、ノ?)」で、
クルミとピスタチオのジェラートを食べた。
2種類選べて2ユーロ(200円くらい)。
こちらも素材の味がはっきり感じられる。
ソニア曰く、フィレンツェで一番美味しいジェラート屋らしい。
あと、チャルドーネも一緒に頼むのがおすすめ。
筒状のウェハースと言ったらいいのか…。
説明が難しい。



そして夜は、
ソニアがfacebookで知り合った、
アニカという女性のお宅で夕飯をいただいた。
フィレンツェ歌劇場主席ホルン奏者のルカ・ベヌッチの手料理で、
トマトのパスタとピアディーナが振る舞われた。
ピアディーナはトルティーヤみたいな生地に、
チーズやハム、ルッコラなどを挟んたもの。
これまたとても美味しい。


ソニアの妹夫婦とルカの息子ニコロと姑ガブリエラも来ていて、
総勢10名で囲む食卓はとても賑やか。
ただし、全編イタリア語なので、
何を言っているのかほとんど分からない。
しかし、興味深い人々ばかりなので、
彼らの紹介はまた改めて。


そして、夜遅くにホテルへ戻ってきて、
お風呂に入って寝たのが夜中の2時過ぎ。
そして今朝は7時に起きた。


なんだかあっという間に時間が過ぎる気がする。
今日もアニカと4人で出かけてPranzoする予定だ。


そしてそのあとは、
またまた「Perche no?」に行くとソニアは言っている。
文字通り、寝る間も惜しんでフィレンツェを満喫中。



ただ、ちょっと、かなり……、


眠い。



***本日のきよこちゃんは、しばらくお休み中***



スポンサーサイト
プロフィール

五十嵐正一

Author:五十嵐正一
初めまして!
神奈川県相模原市在住の声楽家の五十嵐正一です。小田急線相模大野駅から徒歩1分の音楽工房 うたの木で、声楽のレッスン、合唱・コーラスも行っています。
※歌のお仕事も承ります。お気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。