スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア滞在記4

先日の記事で、
デジカメとPCをつなぐケーブルを忘れたと書いたが、
デジカメの中のメモリーカードを、
PCに挿入できることをすっかり忘れていた。
ということで本日は、
これでもかというくらい写真満載でお贈りします。



今日はバスでシエナに行った。
フィレンツェから80分くらいだろうか。
シエナに着くと雪が積もっていた。
気温もかなり低い。


シエナに到着したバス


バスを降りるやまっすぐにお目当ての店に向かい、
Cinta senese(チンタ・セネーゼ)という生ハムを買った。
ソニアによると、
ここでしか買えない逸品らしい。


そして揚げたてのフリッテッレというお菓子を食べた。


フリッテッレ


軽いドーナツのような口あたりで、
砂糖がまぶしてある。
4個入りで1ユーロなので100円くらい。
掘っ立て小屋のようなお店で、

広場に立つフリッテッレの掘っ立て小屋
右の手前の茶色い小屋がフリッテッレ屋


店頭で女性たちが客の注文を受けてから、
砂糖をまぶして売っている。
後ろでおっさんたちが揚げているのも見える。


フリッテッレを売る女性たちと揚げる男たち

フリッテッレを売る掘っ立て小屋


あまりの寒さにトイレが近くなり、
ピッツェリアのようなファストフード店に入った。
チョッコラータ(ココア)を頼んだら、
カカオが濃くて温かくてとても美味しい。
2ユーロ50セントだから250円くらい。

チョッコラータ



そして、外観だけで圧倒されるドゥオモへ。

シエナのドゥオモ


中に入ってみると、
静謐さと華美な剛健さが混在していると言えばいいのか、
厳かではあるが、なんとも不思議な雰囲気。


ドゥオモ内部

ドゥオモの天井

ドゥオモの祭壇


12世紀だか13世紀だかに建てられたらしいが、
総大理石による巨大な建築物、彫刻、美術、空間、
すべてがすごい、としか言いようがない。


雪の影響からかお客さんが少なかったので、
ゆっくり見ることができた。


15:10発のバスに乗って16:30にフィレンツェに到着し、
そのままホテルに戻って一休みした。


そしてアニカに連れられて、
Nella(ネッラ)というトラットリーアに行った。
僕は魚介のリゾットを食べた。

魚介のリゾット


ちょっと塩気が強いが美味。


それからアニカに、
Villa Cola(ヴィッラ・コーラ)なる場所に連れて行かれた。
ホテル・コーラが正式名称なのか?
とにかくこちらもまた凄いホテル。


ヴィッラコーラ外観



いらしているお客さんはお金持ちが多いようで、



ヴィッラコーラの会場でございます


普段着で来た我々はかなり場違いな気がしたが、
アニカはそんなことはお構いなしのようだ。


こんなキラキラした場所なのに、


ヴィッラコーラの天井

こっそり撮ったヴィッラコーラの会場


タートルネックのセーター(思いっきり普段着)で来てしまった…。



さてこの会合、
どうやらフィレンツェ歌劇場で開幕する、
バレエ「白鳥の湖」のレクチャー会(?)のようだ。
ある男性がペラペラペラペラ喋っているのだが、
何せ全編イタリア語なのでほとんど分からない。
どうやらチャイコフスキーについて語っているらしい。
時々、歌劇場専属らしいテノール歌手が、
可愛らしい歌を歌う。
喋る男性がピアノを弾く。
これが眠気覚ましになってとても良かった。


あとから聞いたのだが、
この喋る男性はチャイコフスキーを研究していて、
本まで出版しているらしい。
チャイコフスキーはフィレンツェが大好きだったそうで、
彼の作品にフィレンツェの古い歌が用いられているのだとか。
テノール歌手が歌っていたのは、
今では誰も知らないそのフィレンツェの歌だったのだ。
このヴィッラ・コーラという建物は、
彼のパトロンであった女性の所有物だったとかなんとか。
う~ん、贅沢。



本日は。


現実とかけ離れた別世界を垣間見られて、
とても得をした気分でベッドに入った。


そしてホテルの天井を眺めながら、
その高さだけでも十分リッチな気分を味わえることに、
やっぱりお金持ちとは縁遠い小市民な自分を知った気がした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

写真満載!

やっぱりイタリア滞在記には、たくさん写真があると嬉しいですね~。
寒そうだけど、雪のシエナも素敵です。
フリッテッレ美味しそう・・・。

Re: 写真満載!

潤子さん

コメントありがとうございます。
今日はフィレンツェも雪が降っています。
…と書いていたら晴れ間が見え始めました。
これからラヴェンナに行く予定です。
あちらも雪が積もっているようですが、
さて、どうなるのでしょうか。

フリッテッレはとても美味しかったですよ!
シエナはかなり寒かったので、
フリッテッレの温かさが余計に美味しく感じられました。
でもソニアは、
シエナには絶対に住めない…
と言っていました(笑)
プロフィール

五十嵐正一

Author:五十嵐正一
初めまして!
神奈川県相模原市在住の声楽家の五十嵐正一です。小田急線相模大野駅から徒歩1分の音楽工房 うたの木で、声楽のレッスン、合唱・コーラスも行っています。
※歌のお仕事も承ります。お気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。