スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い! 日本歌曲コンクール!!

今日は、第23回奏楽堂日本歌曲コンクールの二次予選を聴いて来た。


会場は上野公園内の旧東京音楽学校奏楽堂。


余談だが、
この旧奏楽堂は改修工事に入るため、
来年のコンクールは別の会場になるらしい。
余談おわり。


朝10時開始で総勢50組が演奏、
終わったのは夕方の5時30分近かった。


そのあと18時40分に二次予選通過者が発表される。


とにかく色々な歌があり声があり、
とても興味深くそれはそれは勉強になった。
50組それぞれが精進して打ち出した歌の世界を、
思いっ切り堪能させていただいた。
ホントにすごい。奥が深い。


そして今回は、
おそらく60歳を超えていらっしゃる
シニア世代の方々が大活躍だった。


とにかく素晴らしい歌。
聴いていて涙があふれてしまう。


全組が演奏を終えたあと、
友人のあべたえほか4名で、
「みはし」のあんみつを食べに行った。
クリーム白玉あんみつを食す。
うまい。


そして結果を確認するため奏楽堂へ戻る。




シニアの方々は果たして…。








やったーっ!!!



演奏番号22番の男性が本選出場だっ!
この方、去年の1次予選で「鳩笛のうた」を歌われた方ではなかろうか。
今回は「ひぐらし」と「木兎」。
もうね、ホントに「木兎」そのものだった…。
涙が出ちゃう。


そして
36番の女性も通過!
「耳」と「だからその海をみない」素敵だったなあ。
昨年の審査員特別賞を受賞された方かな…?


もうひとかたは、
46番の「ひぐらし」と「みぞれに寄する愛の歌」を歌われた女性。
近くにいらしたので、
「おめでとうございます!」と声をかけたら、
なんと、北海道からのご参加だそうだ。
とても優しい気さくな方。
それがそのまま歌に現れている。


以上のお三方の歌を来週もう一度、
しかもひとり15分のプログラムで聴かせていただけるなんて…!
とにかく今から待ち遠しい。
はあ~、うっとり。


そして僕の姉(?)、魅惑のビューティーペア(!?)、
新潟の歌姫・五十嵐尚子&セレブ・ピアニスト宮下節も本選に出場!!!

いや~、素晴らしかった。
その歌にしびれたお客様も多く、
会場で色々な方が声をかけてくださったそうだ。

尚子さんはイタリアに行ったときも、
(勝手に)スカラ座の舞台で歌って、
イタリア人の女性を涙させた。
それでは飽き足らず、
(勝手に)ポンペイの野外劇場でも歌った。
しかも歌ったのは「千の風になって」。
※たくさんの人が亡くなったポンペイの舞台に立ったら、
そういう気分になったらしい(本人談)。

「歌は国境を超える」を地で行き
世界中にファンを増やし続ける尚子ワールド、おそるべし。


本日の総括。


上記の皆さんのように歌えたらいいなあ。
ホントに素敵だなあ。
どうしたらあんな風に歌えるのかなあ。


わからん(笑)。


本当に魅力あふれる歌、
来週の日曜、皆さんもぜひ聴いてください!


と思ったら、
本選のチケットは完売しているらしい…。
あれ~。


いや~、今年の本選はすごいことになりそう!






***本日のきよこちゃん***


「チューボーですよ」を見ていたきよこちゃんに
コンクールの結果をご報告。



きよこちゃんとマチャアキ



巨匠も絶賛応援中!?


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【熱い! 日本歌曲コンクール!!】

今日は、第23回奏楽堂日本歌曲コンクールの二次予選を聴いて来た。会場は上野公園内の旧東京音楽学校奏楽堂。余談だが、この旧奏楽堂は改修工事に入るため、来年のコンクールは別の

コメントの投稿

非公開コメント

熱い記事!

ものすごい勢いで書かれたであろう事を感じ取りました(笑)

尚子さんと宮下さんの演奏、本当に素晴らしかったですね。
この感動を何と伝えれば良いのだろうとあれこれ考えるのですが、言葉が足りない~!!

「はる」では、
雲を突き抜けて空のずっと上の方まで、どこまでもどこまでも飛んで、空を越えたところにある不思議な空間(たぶん神様がいるところ)に浮いていました。私。
「ひとつのレモン」では、
黄色くて瑞々しくてつやつやの、綺麗なレモン(←想像上、出現)。そのレモンが愛おしくて愛おしくて、切ることは出来ませんでした。私も。

ほんの数分のことだったのに。
今も心が愛で満たされて溢れてしまいそうな(ちょっと泣きたいような)そんな気持ちです。
あぁ本当に、幸せだ。

やはり歌は心を映す鏡なのだね。
ということは、やっぱり、心がキュキュッとなるくらいにいつも磨いておかなくっちゃね。
もちろん、テクニックを身につけなけなければならないのは分かっています、分かっていますとも!!

来週の本選も心して聴きます。楽しみ~!

日曜日の上野公園はもっと混みそうだから、お弁当持っていかねば。

そうそう、白玉クリームあんみつ。
食べ過ぎだと自覚しているけど、来週は食べないと云う自信はありません…。

Break the ice!

[紊・��]拝啓[/紊・��](日本語ってむずいっすねぇ~!)
。。。今度は基本に忠実に!!!(失笑!)

きらきら王子

風薫る今日この頃、キラキラ王子のチェックシャツはそよそよしていますか?

何の脈絡もない質問です。
五十嵐先生のブログにたびたび出てくる新潟出身の五十嵐尚子さんとは新潟市内の出身の方ですか?

新潟県には五十嵐さんて方は多いのかしら?

新潟大学時代の恩師で五十嵐先生という方がいます。
確か、お嬢さんが音楽をやっているという話を聞いたことがあったので。 同一人物ではないとは思ったのですが
ちょっと聞いてみました。

では、今後ともご指導のほど宜しくお願いいたします。

敬具っ!

Re: 熱い記事!

あべたえさん

本選はひとり15分程度のプログラムですから、
演奏者それぞれの世界を堪能できると思います。
楽しみですね。

お弁当のほかに座布団も忘れずに。
長時間あの椅子に座っていたら、
かなりお尻が痛くなったでしょう?

僕の場合、コンクール終了後は、
白玉クリームあんみつに抹茶アイスをトッピングという
かなり贅沢なオーダーをしてしまうかもしれません。
無礼講ってことでいいかな(笑)

Re: Break the ice!

ゆうちまんさん

またまたコメントをありがとうございます。
しかし、キラキラ王子って誰のことですか?
チェックシャツは第2ボタンまで開けるとセクシーです。

新潟は“五十嵐”さんが多いのですよ。
五十嵐川(いからしがわ)という一級河川があるそうです。
ちなみに我が父も新潟出身です。
尚子さんのお父様が大学教授かどうか、
今度聞いてみますね。

Break the ice!の意味が分からず
辞書を引いてしまいました。
日々是勉強ですね。

ははは。

せくしぃ~に笑っちゃいました。

break the iceって 私は ‘言いたいことがあります!’ みたいな感じで使っていましたが、あってましたか?

で、で、回答ありがとうございやす!
新潟は五十嵐さんが多いんですね。

ちなみに、恩師は女性です。
大学自体が新潟市五十嵐というところにあり、近所に住んでいる
五十嵐先生でした。

住民票が五十嵐だらけだなぁぁぁぁ。。。。って、かつて思いました。

ありがとうございました。

C-U!

Re: ははは。

ゆうちまんさん

“break the ice”は、
「話の口火を切る」「座を打ち解けさせる」
と電子辞書に載っていました。
ゆうちまんさんにピッタリですね。

五十嵐家の人間としては、
いつか新潟に行ってみたいと思います。
プロフィール

五十嵐正一

Author:五十嵐正一
初めまして!
神奈川県相模原市在住の声楽家の五十嵐正一です。小田急線相模大野駅から徒歩1分の音楽工房 うたの木で、声楽のレッスン、合唱・コーラスも行っています。
※歌のお仕事も承ります。お気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。