スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおげば尊し

卒業式のシーズンですね。


さて、今日の東京新聞の朝刊を読んでいたら、

こんな記事が目に入ってきました。


「あおげば尊し」原曲は米国
※クリックすると東京新聞の記事が読めます。



明治時代から卒業式でよく歌われてきた「あおげば尊し」ですが、

実はどこの誰が作ったものか、分かっていなかったのだそうです。


「あおげば尊し」が載る明治時代の音楽教科書「小学唱歌集」=東京都町田市の桜井さん宅で(東京新聞より)

「あおげば尊し」が載る明治時代の音楽教科書「小学唱歌集」
=東京都町田市の桜井さん宅で(東京新聞より)


それがこの一月、

一橋大名誉教授の桜井雅人さんが

インターネットを使って米国の古い資料から原曲を見つけ出したのだそうです。



原曲と分かったのは、1871年に米国で出版された音楽教材

「ザ・ソング・エコー」の中の

「SONG FOR THE CLOSE OF SCHOOL
(ソング・フォー・ザ・クローズ・オブ・スクール)」
だそうです。


SONG FOR THE CLOSE OF SCHOOLの楽譜(東京新聞より)

SONG FOR THE CLOSE OF SCHOOLの楽譜(東京新聞より)



友人や教室との別れを少し古めかしい英語でつづっているそうです。

メロディーは「あおげば尊し」とまったく一緒!

なんと調性(ホ長調)も一緒!!

作詞はT.H.ブロスナン、作曲は頭文字でH.N.D.とあるそうですが、

誰なのかは分かっていません。残念…。

しかも、米国ではまったく知られていない曲なのだそうです。



ではなぜ日本で広まったのかというと、

明治時代初期の学校制度が出来たのに合わせて、

こういった音楽が「唱歌」として取り入れられたからなのだそうです。

ただし、どのような経路で日本に入って来たのかは分かっていません。


歌詞は文部省音楽取調掛(とりしらべがかり)の学者らが、

日本の歴史や自然、中国のことわざなどを題材に作りました。

そのため明治時代の子どもたちにも歌詞の意味が通じず、

先生を困らせていたそうです(笑)


明治の子供たち


明治の子供たちも意味を分かっていなかったと聞いて、

なんかちょっと安心しますね(笑)


もっと詳しく知りたい方は
ここをクリック
※クリックすると東京新聞の記事が読めます。


でもいい歌ですよね。

夜中なのに歌いたくなってきました(笑)



***業務連絡***

本日のきよこちゃん

バス停に向かうきよこちゃん

大好きな「吊るし雛(つるしびな)」を見にバスと電車を乗り継いで新宿へ
赤いリュックがトレードマークです



クリックお願いします。
 ↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

五十嵐正一

Author:五十嵐正一
初めまして!
神奈川県相模原市在住の声楽家の五十嵐正一です。小田急線相模大野駅から徒歩1分の音楽工房 うたの木で、声楽のレッスン、合唱・コーラスも行っています。
※歌のお仕事も承ります。お気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。