スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奏楽堂日本歌曲コンクールによせて

平成23年度 奏楽堂日本歌曲コンクール 第22回歌唱部門が、
5月12日(木)から上野の奏楽堂で始まりました。


友人が出場するということで、
応援を兼ねて第一次予選の第一日目を聴きに行ってきました。


出場者は事前に課題曲と自由曲を提出します。


今年の課題曲は山田耕筰の歌曲のいずれか1曲。


友人は、山田耕筰の「紅殻とんぼ」と、
木下牧子さん作曲の「うぐいす」を演奏しました。


いや~、とても素敵な歌でした。
素晴らしかったです。
一次予選突破は間違いないと思いました。


※ちなみに第一次予選の結果は出ています。
 結果はここをクリック! 友人は44番です。





友人は無事に通りまして、第2次予選に進みました!



さて。
第一日目は60組のエントリーがあり、
せっかくでしたので44番の友人以降の演奏をすべて聴いたのですが、
おひとりだけちょっと異色な方がいらっしゃいました。


妙齢(高齢?)の男性で、
ちょっとステージに不慣れなご様子。
たどたどしいお辞儀の後、
緊張からか準備をしているピアニストの方を、
何度か振り返っていらっしゃいました。


山田耕筰の「鐘が鳴ります」と
中田喜直の「鳩笛の唄」を歌われるとのことで、
僕はとても楽しみにしていたのでした。


なぜかというと。


師事している小泉惠子先生に以前、


「鳩笛の唄という曲、五十嵐君に合うと思うよ」


と言われたことがあるのです。
しかし、僕は「鳩笛の唄」を知らなかったのです。
この日まで聞いたことがありませんでした。
だから、ここで男性の歌唱を聴かせていただけるということで、
とても楽しみだったわけです。



そして、その「鳩笛の唄」……



いや~、本当にとてもいい歌でした。


というか、
この男性の歌唱が素敵でした。


声量は他の声楽家に負けますが(たぶんこの男性はアマチュアの方でしょう)、
とても味のある歌でした。


僕はまったく知らない曲でしたが、
たぶん楽譜に書かれていることを忠実に守って、
一生懸命に歌っていらっしゃったのでしょう。


歌って不思議です。


鍛えられた歌声ではなくても、
シンプルで正直な歌は人の心に届くのだと思いました。


余計なことは一切せず、
素直な声で最後まで丁寧に歌う。
我欲がないから、
その音楽だけが純粋にグワっと立ち上がって、
こちらに音の波動となって伝わる。
涙が出そうになりました。


舞台に立つと、その人が出る


とよく言われますから人柄かもしれません。
歌はまさにそうですね。


その人の歌に対する姿勢がたいてい分かってしまう。
だから、舞台に立つと本当に丸裸です(笑)


この日、この方の歌が聴けたことは、
本当にラッキーでした。
どうもありがとうございましたと、
感謝を申し上げたいです。


一次予選通過はならなかったようですが、
本当に素敵でしたよ~。


幸せな気分に浸りながら、
帰りは上野の老舗「みはし」で


「抹茶白玉あんみつ」をいただいて帰りました。


みはしの抹茶白玉あんみつ

※正確に言うと、抹茶あんみつに白玉をトッピングしたものです。


ここのあんみつは寒天がとても美味しいです。


抹茶アイスも香りと味が濃厚で素晴らしい。


男ひとりでも、


あんみつ屋くらい平気で入ります。


両隣はカップルでしたが。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みはしぃぃぃ

みはしのあんみつぅぅぅ!何年も食べていません…(>_<)食べたいなぁ。画像付きだなんて余計に食べたくなります!

さて、五十嵐先生、良いこと書きますね(*^_^*)
私もその男性の歌、聴きたかったです。
そして木下さんの「うぐいす♪」大好きです。
「宇宙が~♪一瞬♪」の箇所を神様が歌うと泣けます(笑)

Re: みはしぃぃぃ

> 結さん

みはしのあんみつは最高ですね!
もう何年も食べていないとはかわいそうに…。

> 「宇宙が~♪一瞬♪」の箇所を神様が歌うと泣けます(笑)

神様というのは、
小泉惠子先生ですね?(笑)
コンクール当日は審査員としていらっしゃいました。
通路を挟んですぐ隣くらいの、
とても近い席に座らせていただきました。
先生、いやだったと思います(笑)

木下牧子さんの歌は、
聴いていてじ~んとする曲が多いですね。
どこかで歌ってみたいです。

No title

予選通過されたご友人とはもしかして、松○さんですか?

素晴らしかった~ と聞いてまず浮かびましたe-343
あの狭き門を1次通過なんて凄いです!!

それから、お話の男性ですが、その男性の歌私聴いたことあるかもです!そのときは、みみずく を歌ってらっしゃったのですが・・・

高齢 と挙動不審の点 素晴らしい歌声 と聞いて、1人思い当たる方がいます。メガネをかけて、白髪で歌うとき、凄く顔をキャットフェイスにしませんか?

全然違っていたらすみませんe-330

Re: No title

> cyuuさん

> 予選通過されたご友人とはもしかして、松○さんですか?

いいえ、違います。
松○さんも出ていたのですか?
何せ一日目しか聴いていないもので…。

> 高齢 と挙動不審の点 素晴らしい歌声 と聞いて、1人思い当たる方がいます。メガネをかけて、白髪で歌うとき、凄く顔をキャットフェイスにしませんか?

キャットフェイス…?
う~ん…、メガネはかけていらっしゃいましたが、
距離があったので表情はよく見えませんでした。
白髪だったかなあ…。黒かったような…。
歌声は大きくはないのですよ。
どちらかというと朴訥とした感じです。
ここでこんな風に話題にされているなんて、
ご本人は全くご存じないでしょうね(笑)

ホームページについてありがとうございます。
ささやかな音楽教室ですので、
企業家というたぐいではないですよ。
歌のお仕事もちょっとだけ来ていますので、
もし実現したらまた一緒に歌いましょう!

その男性ですが...

はじめまして。奏楽堂日本歌曲コンクールの記事を検索していたら、こちらの記事にたどりつきました。五十嵐様がほめていらっしゃるこの男性、たぶん知人のことだと思います。1日目に歌った曲と舞台の様子などからしてほぼ間違いないと。。。ご推察のとおり、彼はアマチュアですが、良い歌手になろうと本当に多くの努力を重ねている方です。プロの声楽家でいらっしゃる五十嵐様のコメントを聞いたら、すごく喜ぶと思います。機会があったらお伝えしたいな、と思います。

Re: その男性ですが...

> あんずさん

初めまして!
見ず知らずの拙いブログに、
わざわざコメントをありがとうございます。
そうですか、お知り合いでいらっしゃるのですね!

音楽の前ではプロもアマチュアもないのだということを、
あの体験をもって改めて思い知りました。
真摯に取り組んでいらっしゃるからこそ、
あのような素敵な演奏をなさることができるのですね。
今回奨励賞を獲得された五十嵐尚子さんも、
ご自身の演奏後に彼の歌唱を聴いたそうです。
僕がブログに書いた彼の歌の感想について、
まったく同じことを思ったそうです。
感銘を受けたのは僕だけではないのです。
歌で人に感動を与えられるのですから、
まぎれもない、どころか「素晴らしい歌手」だと思います。

いつまでもお元気で歌い続けていただきたいです。
どうぞよろしくお伝えください。

彼にきっと伝えます

五十嵐様、ご親切なコメントありがとうございます。他にも知人の歌に感動した方がいらっしゃるとは、なんだか自分のことのように嬉しいです(一応、一緒に歌をやっている仲間なので)。私も聞きにいけばよかったです。予選を通過しなかったことについてはちょっとがっかりしている様子でしたので、本当に励みになると思います。知人が声楽を始めたのはここ2,3年のことらしく、ある意味天性の歌手なのかな、とは思います。これからも知人を応援していきたいと思います。どうもありがとうございました!

Re: 彼にきっと伝えます

> あんずさん

日本歌曲コンクールは参加人数がかなり多く、
色々な方がいらっしゃるのでとても勉強になりました。
一次予選はかなりの長丁場なので聴き続けるのも大変ですが(笑)
色々な歌があってとても興味深いです。
来年は聴きに行かれるといいかもしれませんよ。
彼の歌の魅力が改めて分かると思います。
プロフィール

五十嵐正一

Author:五十嵐正一
初めまして!
神奈川県相模原市在住の声楽家の五十嵐正一です。小田急線相模大野駅から徒歩1分の音楽工房 うたの木で、声楽のレッスン、合唱・コーラスも行っています。
※歌のお仕事も承ります。お気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。